« ふり向けばタンゴ | トップページ | 秋の夜長に―2 »

大脱走の巻

いやはや、大・変・な・連休でした。日曜の朝、末っ子のミエルが玄関から外へ脱走してしまったのです。パパさんがキミを拾ってきたのはちょうど一年前のこの連休中、それからというもの周り中、先住のネコさんたちもみんな振り回されっぱなし。なのに、一年後の同じ日になにも出て行かなくても…その家出から2日後、午前2時、庭先でム~という鳴き声!おなかペコペコなんでしょ、情けない声。でもよかった、自分の家がちゃんとわかってたんだね!あっちこち捜してパパさんもママンもどれほど心配したかちょっとお、きみぃ、わかってるぅ?そんなにお外の世界を見たかったのかな。きかんぼがちょっとは大人になったかいな。ま、いいわ。今晩からまたぬくぬくできてよかったね、ミエル。

P1000626









きものの小径

|

« ふり向けばタンゴ | トップページ | 秋の夜長に―2 »

ネコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/8314637

この記事へのトラックバック一覧です: 大脱走の巻:

« ふり向けばタンゴ | トップページ | 秋の夜長に―2 »