« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

和の配色事典

モダン、斬新、和の配色には時々ハッとさせられることがあります。いろいろな視点で切り取った分類がおもしろく、たいへん参考になります。

和の配色事典 Book 和の配色事典

著者:ディックカラーアンドデザイン株式会社
販売元:技術評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


きものの小径

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きもの熱

華やかではありません。単なるシンプル・地味とも違います。凛とした趣…この潔さは着物の組み合わせだけではなく、やはり着ている方々の内面でしょうか。とても参考になります。

きもの熱 Book きもの熱

著者:清野 恵里子,浅井 佳代子
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


きものの小径

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大正シック

そうそう、庭園美術間でも、「モダン日本の里帰り 大正シック」が開催中でしたね。2002年にホノルルでの開催を皮切りに、アメリカ各地で好評だったとか。平成の日本人にとってはどうなんでしょう。

和服と洋服が違和感なく街になじんでいた奇跡のような時代に思いを馳せるのも楽しいもの。ご都合のつくかたは、ぜひ足を運ばれては。

きものの小径

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夏に向けて― 浴衣 その1

浴衣が気になりだす…
今年もそんな季節になりました。
近頃の浴衣ってふわふわ、キラキラほんとに可愛い!

今日はちょっと大人の雰囲気です。半幅帯で浴衣として、水色の衿と夏帯で着物風に。(うちの娘のしっぽが写っているのはご愛敬)
P5090004_ed P5090009_ed


きものの小径

| | コメント (3) | トラックバック (1)

友禅と型染

もうすぐ東京国立近代美術館工芸館で、所蔵作品展「友禅と型染」が始まります。きもの専門店は敷居が高くてちょっと、と感じていた人も、こんな催しなら、出かけやすいのでは。森口華弘さん、木村雨山さん、中村勝馬さん、山田貢さんといった名前にピンとくる方も、そうでない方も楽しめると思います。

おとなりの美術館本館では「アンリ・カルティエ=ブレッソン 知られざる全貌」展も始まります。写真の好きな方も誘って、本館と工芸館をゆったりめぐるなんてのはいかがですか?


きものの小径

| | コメント (0) | トラックバック (1)

何を想うか…

なんも。
P1000608


きものの小径

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワインボトルにアイビー

お休みにお客様が続いたせいか、空いたワインボトルの本数に思わずビックリ。その中の1本、ブルゴーニュの空瓶に伸びすぎたアイビーを切って水耕栽培です。

そういえば近頃こういうクラシックなラベルが減りました。(写真をクリックすると、拡大してご覧いただけます)
P5060003_ed


きものの小径

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏に向けて

季節がら、浴衣(ゆかた)についても書きたいのですが、さて、いつになることやら...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねこ三様

闇夜にネコ。P1010053 自分をネコとは思っていない長女です。

着物にネコ。人相悪いですが、着物好きです。次女。P1010052_1

手すりにネコ。ヘンに知恵のついた三女です。

P1000631 


きものの小径

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »